スピリチュアルなパワースポットを訪ねる

アクセスカウンタ

zoom RSS ガーデンミュージアム比叡その2(京都市左京区修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽)

<<   作成日時 : 2011/11/21 22:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


先日、ガーデンミュージアム比叡が6つの庭と、プラタナス広場でできていることはお伝えしましたね。先日の画像は、香りの庭、プラタナス広場から、睡蓮の庭を通って、藤の丘くらいまで、でした。

画像



どの画面を切り取っても、構図がよくて、花々がかわいい表情を見せてくれます。お花って、瞬間、瞬間で表情が変化して、見てても飽きません。特にこのガーデンミュージアムでは、花が主役であり、脇役でもあります。イーゼルに立てかけた名画のレプリカが目立つように、まるでガーデンのそばで画家が絵を描いているような、心にくい演出になっています。

画像


花々の間に、融け込むように置かれた絵画は、印象派の画家ルノワール、モネ、ゴッホ、セザンヌなどなどです。中でも、ドガの「花束を持って挨拶する踊り子」、モネの「散歩道 日傘の女」などは、どなたもきっとどこかで見たことがあることと思います。

画像


ことに見事だったのは、6つの庭の中の花の庭です。他の場所も、よく整備されていて、いい印象だったのですが、この花の庭は、特に花々がきれいに咲いていて、すてきでした。花の咲いたカラや色が変わっているのを、こまめに取り除いておられるからでしょうか。

画像


奥には体験工房、ショップ、シアターなどがある、施設があり、そこに至るまでのアプローチがすばらしい!それぞれの花が主張しながら引き立て合って、イングリッシュガーデンさながらの整然とした秩序が保たれていました。

画像


花の名前は、ちょっと控えてなかったので、詳しくはわかりませんが、ナスタチューム、アイリス、ダリア、ルドベキアなどなどがあるそうです。あ、そういえば、ダリアがやたら、きれいでした。

画像



今回も、画像が多いので、ローズガーデンは次回にいたします。どうかお楽しみに!

画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガーデンミュージアム比叡その2(京都市左京区修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽) スピリチュアルなパワースポットを訪ねる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる