スピリチュアルなパワースポットを訪ねる

アクセスカウンタ

zoom RSS 比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本本町)

<<   作成日時 : 2011/10/18 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


比叡山は、千日回峰行をする修業の場、というイメージで、簡単に遊びに行く、って感じのところではありません。が、ちょっとパワーを補給したいな、というときに、不思議と訪れたくなります。車でいくと、気持ち悪くなるくらいの傾斜のついた山道を、ぐるぐるぐるぐる何度も回って登って行って、ようやく辿りつける、高さ848.3メートルの高地です。

画像


今は山ガールなどを始めとする、登山客の方々もいらっしゃいますので、交通の便もとてもよくなっています。ロープウェイの他にも、バスや車など、幾通りもの行き方があります。京都市内の気温に比べて、5℃から10℃近く違うのではないのかと思うくらい、季節が若干早く移ろいます。やはり高地、通常の感覚でいくと、ちょっとひどい目に遭いそうです。

画像


盆地である京都の街から眺めると、比叡山はひときわ高くそびえて見えます。ロケーション的には、滋賀県大津市の西部と京都市北東部にまたがって広がります。ちょうど京都御所からは鬼門の位置にあるそうで、大きな姿で京都の街を守っていてくれるのがわかります。

画像


霊峰比叡山の山頂に位置する延暦寺は、スピリチュアルシティ京都にあっても、群を抜いてパワーのあるところです。延暦寺は地域別に、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、北を「横川(よかわ)」の三つに区分していますが、今回訪れたのは東塔エリア、つまり比叡山延暦寺の根本中堂のあるところです。

画像


このほかにも大講堂に、鐘楼や阿弥陀堂もあります。入り口を入ってすぐあるのが、国宝殿。さらに障壁画がある中を奥に進むと、「一隅を照らす」の碑が。その奥は大講堂です。読経の声とお香のにおいが立ち込め、皆さん、靴を脱いで上がって、熱心にお祈りされていました。

画像



その奥には、鐘楼です。ここは誰でも自由に鐘をつかせてもらえますので、いつも誰かが鳴らす、鐘の音が聞こえます。鐘の音は108つ、つまり、煩悩の数だけ突くといいといわれています。大晦日に、やりますよね。その先には、長い石段があって、根本中堂に続いています。ここは、最大の仏堂であり、延暦寺の総本堂なのだそうです。本尊は薬師如来です。

画像


画像数が制限されているので、今回はここまでです。次回、根本中堂からご紹介しますね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本本町) スピリチュアルなパワースポットを訪ねる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる